手相の読み取り方

相手の手相を読み取る場合があります。

初心者の場合は観ていく順番を決めましょう。

1,感情線 2,頭脳線 3,生命線 4,運命線 5,その他の線

この時に流年法を用いて、相手の年齢部分の変化を観察します。道具として拡大鏡とペンライトが必要になります。

慣れていないときは、じっくり線を観察していきます。実際に手に触れて弾力性や線の色などを観察します。

手相に変化のある部分を良く観察します。先程書いたそれぞれの線を関連づけて考えましょう。

そうするとあっこの年齢でこういう変化があると言うことに気付きます。この様なことの積み重ねで手相を観ていくのです。

実際の鑑定の時は時間が限られていますので、年齢と知りたいことを伺いそれに絞って観ていきます。

右利きの場合は気が左から入り、右に出ていくので右手を観ます。左は持って生まれた宿命で、右は生まれてからこれまでそしてこれからの現実を表します。

知りたいこと例えば結婚と言うことに絞ると、生命線に流れ込む感情線の情報や、運命線の変化、結婚線の変化などを観ます。

特に結婚の印は複数あります。例えば21歳、36歳、40歳と出ていることがあります。この時21歳で結婚すれば、後の二つは無効になります。

私の場合結婚に関しては、どのような方に惹かれるかを観ます。これは文章では説明できません。

惹かれる相手がファイター(格闘家)と出たことがありました。私は相手にそれを告げると、今格闘家と付き合っていますと言われました。この場合結婚の見立ては正しいことになります。読み取った年齢を伝えても良いです。

ご自身の中で迷いや、確信がなければまだ技能が不足していますので、その時はいい加減なことは言わないでおきましょう。

こういう経験を積み重ねていくと、短い時間で色々な線を連動させて読み取れるようになります。手相鑑定は頭脳労働です。

夢見心地でお告げを伝えるのではありません。手に現れている印を元に答えを導き出して行くのです。

最終的にはご自身の得意分野が出来ます。運命線の読み取りが得意になるとか、結婚の読み取りが得意になるとかです。まるでお医者さんの内科、小児科、外科の様な感じです。

ここまで来るとご自身のスタイルが確立されます。一人前になれたのです。後は自分の手相を基に訓練を積み重ねてレベルを維持していきます。

これが手相鑑定の読み取り方です。

名古屋 手相鑑定 当たる 今井英人

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 手相・人相占いへ
にほんブログ村