視える時

手相鑑定は、指、爪、親指、肌、感情線、頭脳線、生命線、運命線、太陽線、結婚線、ソロモンの環などを年齢毎の変化を読み取っていきます。

次に、それぞれの変化の年齢を読み取ります。そして、変化を関連づけます。

運命線の変化と、生命線の変化が連動していれば、結婚またはお仕事の変化(転職、独立)という意味になります。

その他の連動する部分を、詳細に総合的に観ていきます。

そうすると、相手の人生が頭に浮かんできます。この状態で、分析結果を記入します。

どうしてそこまでわかるの?と聞かれますが、私の場合スピリチュアルと言うよりも、細かな変化を連動させて読み取ると言うことが多いです。

そんな私でも、ビジョンで浮かぶことがあります。視える時です。すかさず、視えた内容を記録します。

これは、私自身珍しい直感線を持っているからだと思います。ゾーンに入るというのに、似ていると思います。

視える時は、映像で相手の人生が見えます。まるで映画を観ているようです。これからどのような人生を送られるかが、観えます。

但し条件として、対面鑑定で実際に手を観察できるとか、細かい部分まで読み取れる画像が必要になります。

ここが、スピリチュアルや霊視と異なる部分です。

恐らく手相を足がかりに、相手の潜在意識に入って行くのでしょう。

以上 視える時について書きました。

本物 手相鑑定 当たる 今井英人

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 手相・人相占いへ
にほんブログ村