優秀だから、面接を落とされる事も有る。

工務店に勤めていた時に、求人を出したら多くの応募があった。
書類を見て、この人は適性があると思った優秀な人は面接に至らなかった。
その時合格したのは、普通に考えて足手まといな人だった。
実際に間に合わなくて、苦労した覚えが有る。
それは採用する側が自分より優秀だと牙城を崩されるので、優秀な人は落とされたのだ。
結局その工務店で採用された人は、見かけ倒しの阿呆ばかりだった。
能ある鷹は爪を隠すという様に優秀さを隠して会社に入り、楽勝で仕事をこなすのが作戦としては良い。
私はこんなに優秀です!とアピールすると、警戒されて落とされる可能性がある。
この世は一筋縄で行かないのだ。